バイク購入の必要書類・諸経費Q&A

 バイク購入Q&Aでは、新車・中古車のバイクを購入する際に必要なもの、登録手続きの必要書類、諸経費・諸費用についてQ&A方式で初心者向きに解説しております。

◆年々増加するバイク盗難の件数

★バイクを盗まれる前にできること

 バイクやスクーターを購入する際に、どうしてもよぎる不安のひとつに盗難に対する問題があります。

 年々増加する盗難件数、巧妙化する窃盗団の手口。

 自宅の敷地内での盗難も増えてきており、バイクオーナーとしては自宅の敷地内と言えども油断できないのが現状です。

 不安を煽るようなつもりは一切ありませんが、

☆どのような手口でバイクやスクーターが盗まれてしまうのか?
☆どのような場面で盗難が発生するのか?
☆あらゆる手口に有効な対策は存在するのか?

 という点についてはバイクオーナーであれば愛車を守る為にも覚えておくべき知識です。

 盗難にあった人の大半は、「まさか自分が・・・・」と多くの方が言うそうです。

 私自身も1本のワイヤーチェーンが切断されていた時は正直かなり冷や汗を掻いた記憶があります。

 ディスクロックとの併用であったのが効を奏したのか盗難に合うことはありませんでしたが、持ち上げて運び出されていたらと思うとやはり今でもぞっとします。

 プロのバイク窃盗団は、個人がやるべき対策を全て行なっても尚、その遥か上を行く手口で対策してきます。

 ここでは、防犯に関わる基本的な手口やバイクが盗まれるまでの統計的な時間、そして自分でも可能であり有効と思われる防犯対策についてひとつずつチェックしていきます。

◆バイクの盗難件数は自動車と比較にならない

★窃盗バイクをトラックに積んで輸送

 バイクの盗難件数は自動車と比較すると異常なまでにその発生件数が高い傾向にあります。

 自動車の盗難はサイズもある為、運び出しや作動までに熟練された技術が必要である点も理由のひとつにあるかもしれません。

 しかしバイクやスクーターの場合は、チェーンなどを専用の工具で切断し、トラックに積み込んでしまえば輸送も簡単です。

 確かに一人でトラックに積み上げるには重たいものではありますが、これもチェーンさえ切れてしまえば簡単に積み込む事が可能となってしまいます。

※Point!バイクやスクーターの輸送は容易である点も大きな問題

◆バイクを運び出すまでの時間は約1分以内

★プロは1分以内に仕事を終えている

 今までもし一度もバイクの盗難に会ったことがない。もしくは既にバイクの盗難対策はばっちり施している。

 と思っている方であっても把握しておくべき知識として「窃盗団の存在」があることを覚えておく必要があります。

 バイクの盗難件数の半数以上はプロの手口によるものであると言われているように、やはりプロの窃盗団が存在することは間違いありません。

 プロのバイク窃盗集団が実際に現場からバイクを運び出すまでの時間は「約1分以内」であると言われております。

 簡易的な防犯対策程度ではもしプロに狙われてしまえば、いつでも愛車を運び出されてしまう可能性があるという事ですね。

※Point!運び出すまでの時間は1分以内

◆自宅近辺の駐車場やガレージは要注意

★窃盗団が最も嫌がるのは?

 近年のバイクの防犯用グッズの種類の多さには驚かされるものがあります。

 これだけ多くの種類の防犯グッズがあるという事は、逆に言えばそれだけ多くの手口が存在するという意味にもとれなくもありません。

 バイクの「盗難事故」が最も多く発生しているのは実は「自宅に泊めている時」に盗難発生確率が最も高くなっているというデータがあります。

 現在は防犯ブザーが作動するシステムやイモビライザーによる追跡システムなどもありますが、窃盗団が最も嫌がるのは機械よりも人の目です。

 ですから日中の目につきやすい場所ではさすがに窃盗が少なく、バイクの盗難事故のおよそ8割以上は深夜に発生しております。

 賃貸住宅に住んでいる場合も同様で、契約中の「屋外駐車場」や、家の前の「簡易ガレージ」などでも深夜の盗難は発生しやすくなっております。

 では何故出先の駐輪場などよりも自宅や家の近くの駐車場の方が盗難が発生しやすいのでしょうか?

※Point!盗難は自宅で最も多く発生している

◆自宅の敷地で盗難が多く発生している理由

 自宅の敷地などで盗難が多く発生している現状の理由はいったいなんなのでしょうか?

 この答えは、実は下見の有無が大きく関与しております。

 バイクの盗難は実はプロによる窃盗が非常に多く発生しております。

 プロ集団はある程度売却した際に利益を生むバイクを中心に狙っている為、ある程度金銭につながると思われるバイクやスクーターの調査を行い、対象となる車種の「下見」を行なってから現場に行くと言う情報もあります。

 要は、いつも決まった場所に駐車してあり、時間帯もほぼ毎日同一時間に駐車してあるようなバイクは滑降の下見対象車となります。

 この代表格が賃貸駐車場を借りているケースや自宅の駐車場です。

 このような事を考えると最も身近で案心に思える自宅での防犯対策こそが重要であると言えそうです。

 尚、もしバイク盗難の被害を受けた場合は迅速にバイク盗難申請手続きを行う必要があります。

※Point!常時バイクを保管している場所は下見されやすい

◆バイク盗難を防止する効果的な4つの防犯対策

 ここまでバイク盗難が組織化されている点、そして盗難件数が年々増加している事実についてご説明してきました。

 では、ここからは具体的にバイク盗難を防止する効果的な防犯対策について見ていきましょう。

@複数のチェーンで防犯対策

 まず基本的な防犯対策の1つ目が、ありきたりに感じるかもしれませんが複数のワイヤーチェーンを使用する方法です。

 前述したようにバイクの窃盗は大半のケースでわずか1分以内に運ばれてしまっております。

 当たり前ですが、バイクを盗もうとしている時に、のんびりと時間をかけて盗みを働くものはいません。

 単純に複数のチェーンを付けていると、盗みだすまでに時間がかかるため、ワイヤーチェーンの数が多いだけでも対象から外される可能性も高くなるのです。

 この方法は2本のチェーンよりも3本、3本のチェーンよりも4本の方が効果は高くなります。

Aディスクロック式を併用する

 バイクの防犯対策は一つの方法で行うよりも複数の防犯対策を併用して行うことが基本です。

 この理由も前述したように複数のシステムで盗みだすまでに時間がかかるようにしむける為です。

 ディスクロックとU字型ロックの併用は効果的です。

BGPS搭載で防犯対策

 現在ではGPS機能は携帯やスマートフォンなどの普及により珍しい機能でもなくなってきましたが、バイクの防犯対策用としてGPSでバイクの位置を知らせるシステムがあります。

 最も代表的なシステムはセコムのセキュリティーシステムですが、月額1000円以下で利用が可能です。

 万が一に備えGPS機能を搭載し、セコムのステッカーを付けておくことで盗難対象から外される可能性が期待できます。

Cセンサーライトと鳴き石で対応

 バイク盗難が発生する時間帯はそのほとんどが深夜の時間帯です。

 これは窃盗団が最も嫌がるのは、機械的なセキュリティーよりも人目であることからもわかります。

 現在は人が近づくとセンサーが反応してライトが点灯するセンサーライトが格安で手に入るようになりました。

 自宅であっても深夜のバイク盗難は安心できませんが、複数のセンサーライトを設置して置くことで深夜のバイク盗難を抑止する効果が期待できます。

 また園芸などで使用される鳴き石(防犯砂利)をバイク置き場周囲に置くのも効果的です。

 自宅でバイク盗難に合った友人の真似ですが、この防犯砂利の音の大きさは想像以上に大きくて初めて耳にした時は驚きを隠せませんでした。

 この他にも、地面に埋込み式のステンレス製ロックとワイヤーチェーンを組み合わせてバイクの持ち運びをさせない防犯グッズなどもありますが、バイク防犯の基本は、複数の防犯グッズで窃盗するまでに時間がかかると思わせることが何よりも重要です。

 多くの対策を施しているバイクをわざわざ盗み出すよりも、簡易的な対策しかしていないバイクを昼間の下見時間で調査し、対象を絞り一気に盗みを働く方が効率が良いためです。

 こうして見ると最新のシステムで対応する事も魅力ですが、既存の防犯グッズを複数設置するベタな方法でも防犯対策を行うことは可能です。

 尚、私個人はBのGPS以外の防犯対策を複数行うことで一度ワイヤーチェーンを切られた経験はありますが、Cのセンサーライトと防犯砂利を使用してからはバイクのチェーンが切られることもなく、もちろんバイク盗難にも今のところ会っていません。御参考までに。

◆バイク購入の必要書類・諸経費Q&A(一覧)