バイク購入の必要書類・諸経費Q&A

 バイク購入Q&Aでは、新車・中古車のバイクを購入する際に必要なもの、登録手続きの必要書類、諸経費・諸費用についてQ&A方式で初心者向きに解説しております。

Q新車のバイク購入諸費用・諸経費は幾ら?

◆新車のバイク購入手続きの諸費用・諸経費はどの程度かかりますか?

★税金などの法定費用が諸費用・諸経費の大半を占める

 新車のバイク購入手続きの諸費用・諸経費の大半は
●税金などの法定費用
 となっております。

 初期費用として必要となる諸費用・諸経費は、見積もり段階で確認しておくことが大切です。

 ローンを組んで購入する場合は、これらの法定費用の他に頭金などの金額が足された費用が初期費用となりますので想定しているよりも初期費用は膨らんでくるケースが大半です。

 尚、初期費用の中でも大きな割合を占める項目は、自動車重量税と軽自動車税、そして自賠責保険や任意保険などの保険代です。

 その為、バイク単体の金額及び頭金以外にかかる諸費用についてもしっかり確認しておきましょう。

◆新車を購入した際に必要となる費用および経費

★新車を購入した際に必要となる費用および経費

 バイクを新車で購入する際に必要となる費用の一覧をここで一覧にまとめます。

 新車のバイクを購入する際に必要となる費用および諸経費はディーラーで購入する場合でもバイクショップで購入する場合でも主に以下の費用が発生するので覚えておきましょう。

【新車のバイク購入手続きにかかる諸費用・諸経費】
@登録代行手数料(節約可能)
A自動車重量税
B軽自動車税
C自動車損害賠償責任保険代(任意保険代)
D納車整備手数料(1400円)
Eナンバープレート代(600円程度)

 @の登録代行手数料は、前項でも解説した通り登録手続きを自分で行うことで節約することができます。

 Aの自動車重量税は、自動車重量税納付書(ピンク色の第1号様式)に
●規定の印紙税額
 を貼付して納税を行います。

 Bの軽自動車税は、年度の途中で購入した場合、支払う必要はありません。
⇒軽自動車税額表はこちら

 Cの自動車損害賠償責任保険代は、保険代理店、もしくはJA等で必ず加入しなければいけない為、必ず必要となる費用です。
 多くのバイク販売店は、保険代理店も兼ねているケースが大半です。
 任意保険とは異なり必ず加入しなればいけない保険ですから販売店に相談してみるのも良いでしょう。
⇒自賠責保険の保険代はこちら

 Dの納車整備手数料は、新車のバイクの新規整備の際に1400円の手数料が必要となります。

 Eのナンバープレート代は、ナンバープレートそのものの発行代金のことで地域によっても異なりますがおおよそ約600円程度の費用がかかります。

◆見積書で節約できる項目がないか確認しよう

★見積書は必ず自分で確認

 新車のバイクを購入する場合は、まず購入前にしっかり見積書をもらい、見積書に記載されている
●各費用の項目
 を確認するようにしましょう。

 見積書には、新車を購入した際に必要となる費用および経費(前項参照)で記載されている項目が記入されているはずです。

 尚、自分が知らない名前の項目などがある場合は、販売店の店員にどのような費用であるのか?について確認することも大切です。

 特に、「○○代行手数料」というような記載がある場合は、自分で手続きを行うことで節約できる項目であるケースもあります。

 簡単な作業(書類の取得など)である場合は自分で行ってみると節約につながるものも多くあります。

◆バイク購入の必要書類・諸経費Q&A(一覧)