バイク購入の必要書類・諸経費Q&A

 バイク購入Q&Aでは、新車・中古車のバイクを購入する際に必要なもの、登録手続きの必要書類、諸経費・諸費用についてQ&A方式で初心者向きに解説しております。

Q新規の250ccバイクを購入する際に必要なものは?

◆新車の250ccのバイクをディーラーで購入する予定です。新車のバイクを購入する際に必要なもの、また手続きに必要となる必要書類について教えてください。

★新規登録手続きの際に必要となる必要書類

 新車のバイクを購入する際に必要となる必要書類は、バイクの
●新規登録
 の際に必要となる書類が全て必要となります。

 このバイクの新規登録手続きは、購入後に定期的に行われる車検と同じようなもので一般的に申請手続きそのものは販売店となるディーラーや地域の販売業者が手続きを行なった上で顧客にバイクを引き渡す形となっている為、一般の方が新規登録手続きそのものを行うケースは稀と言えるでしょう。

 但し、バイクを購入する際の必要経費、初期費用の削減を目的に自分で手続を行うことは可能ですし、個人売買等でバイクを入手した場合などは自分で新規登録手続や自賠責保険の加入手続きを行うケースももちろんあります。

 尚、バイクの新規登録では、運輸支局(居住地管轄エリア内の陸運支局)にて法定検査を行い、法律に適用したバイクであるという証明を受け、新規登録の証明証を受けます。

 ですから新規登録を得ていないバイクが一般公道を走行することはできません。

 ここでは、まず新車のバイクを購入する際の新規登録手続きの際に必要となる必要書類の一覧を確認しておきましょう。

◆125cc以上〜250cc未満のバイクを購入する際に必要となる必要書類一覧

★125cc以上〜250cc未満のバイク購入時の必要書類一覧

 晴れてバイクの購入を決めると、販売店もしくはディーラーの担当者からは以下の書類などを準備するように説明を受けます。

 これらは、前述した通り販売店員が新規登録を行う際に必要となる書類です。

【125cc以上〜250cc未満のバイクを購入する際に必要となる必要書類一覧】
★軽自動車届出書
★ディーラーの販売証明書(輸入車の場合は輸入の事実を証明する書面)
★重量税納付書
★所有者の住民票(発行後3ヶ月以内のもの)
★自動車損害賠償責任保険証明書
★軽自動車税申告書(登録時に申告義務が生じます)
★認印

 以上の書類が新規登録手続きを行う際に必要となる主な書類の一覧となります。
 販売店によっては、これらの書類の他にも別途必要書類が求められるケースがありますので、バイクの購入を決定する際は二度手間にならぬように事前に必要書類の確認を行なっておきましょう。
※原付バイク(125cc以下)及び、小型二輪車(250cc以上)の必要書類は別項にて解説しております。

◆登録手数料を節約することも可能

★自分で手続きを行えば登録手数料の節約に

 バイクの新規登録は自分で行うことも可能です。
 自分で登録を行うと、販売店に支払う
●登録手数料
 を節約することができます。

 自分で新規登録手続までを行う場合は販売店に、その旨を事前に連絡し必要書類及び注意点などを確認しておきましょう。

 ディーラーや販売店によっては個人で登録手続きを行った場合に手続きに不備が発生する可能性もある為、快い了承を得られないケースもあるかもしれませんが、「勉強も兼ねて自分でやってみたい」と相談して見ると、詳しく手続きの流れを説明してくれる場合もあります。

 尚、自分でバイクの新規登録手続きを行う際は、二度手間にならないように、ひとつずつ必要書類をチェックし事前に準備しておくことが大切です。

 登録手続きは陸運支局で行いますが、自分で新車の登録手続きを行う場合は、上記必要書類の他に
●ナンバープレート代(約600円程度)
●自動車重量税(用途により異なる)
 の2つの諸経費が必要となります。

◆バイク購入の必要書類・諸経費Q&A(一覧)