バイク購入の必要書類・諸経費Q&A

 バイク購入Q&Aでは、新車・中古車のバイクを購入する際に必要なもの、登録手続きの必要書類、諸経費・諸費用についてQ&A方式で初心者向きに解説しております。

◆真冬にバイクの運転をする際のインナーウェアの着用ポイント

★インナーウェアは防寒上とても重要

 真冬のバイクの運転は本当に寒いもの。その為防寒着の着用はライダーにとっては必須であり、ジャケットは必須アイテムであると思われております。

 しかし、現実的にライダージャケットは密着性が高く確かに暖かいのだが、真冬をこのジャケットだけで乗りきるのは少々こくな話でもあります。

 真冬のバイクの運転で欠かせないアイテムはジャケットの内側に着るインナーウェアの方が重要です。

◆薄い下着でも良いので密着性の高いインナーウェアを着るように心がけよう

 インナーウェアをきっちりとした密着性の高いウェアでしっかり体を守っていると体感として感じる寒さは大きく異なります。

 ここまで述べてきたように、真冬の運転で最も対策をすべきポイントは冷え切った風に対する対策です。

 皮膚に直接冷たい冷気が触れることのない衣類を見につけているだけでかなり「体感」として感じる感覚は異なってきます。

 一時期圧倒的なまでの人気を誇ったヒートテック素材のインナーウェアは、その密着性と発熱性が話題となり一気に従来までの防寒着の概念を覆し市場を独占しました。

 冷え性で悩んでいる人であればヒートテックと言う言葉は一度は耳にされたことがあると思います。(ユニクロなんかで有名になりましたね)

 ライダーのインナーウェアはヒートテックのように発熱性のある素材であれば確かにより良くはありますが、基本的なポイントはやはり「風」を通さない点にあります。

 肌と衣類の間に冷気を通過させないように、薄い下着でも良いので密着性の高い服を着るように心がけましょう。

 尚、更にネックウォーマーなどの防寒グッズを使用し、空気の侵入経路を完全にシャットアウトできれば、かなり寒さへの対策は改善されます。

【〜防寒着のまとめ〜】
★インナーウェアは密着性の高さが最優先
★肌とインナーの隙間が極力少ないものを選択
★更にネックウォーマーなどの防寒グッズで空気をシャットアウトする

◆襟元〜あごの近くまでを覆うネックウォーマーがベスト

★空気の通り道を塞ぐ

 防寒対策の3つの原則の2つ目にあたる対策が首、襟元からの冷たい空気の進入への対策です。

 バイクに乗る際は手袋同様、冬場になれば襟元にマフラーを巻いたり「ネックウォーマー」をつけたりして冷気への対策は既におこなっていると思います。

 基本的に首の対策は、このような衣類やネックウォーマーなどで対応するだけで問題ありません。

 ここでのポイントは空気の進入を許さないように首元からあご近くまでを出来る限り覆ってあげる点にあります。

◆空気の通り道に制限を加える

  とても寒い日に自分の首元を触ってみると、とても暖かく感じるはずです。首には大きな大動脈血管があり、太ももの内側と同様、触れると常時暖かさを感じる部分でもあります。

 この首部分へ空気が入って気安い格好をしている場合は、直接襟元から体内へ空気を入れてしまうことになる為、しっかりとした防寒対策ができなくなってしまいます。

空気の通り道を遮断

 防寒対策では襟元の対策は非常に大切で、このあご近辺だけでもしっかりと覆ってあげていればある程度の寒さには耐えることが出来るようになります。

 タオルなどを巻くだけも効果はありますが、首元からあご近辺、もしくはスキー用のネックウォーマーのように顔の口の部分近くまで覆ってしまうネックウォーマーを使用すると、空気の入り道に制限が加わる為とても有効な防寒対策になります。

◆準備しておきたい真冬の寒さ対策-全7項目

★寒さ対策7項目

 バイクの運転には少し厳しい寒さとなる冬のシーズンが到来する前にやっておきたい寒さ対策のチェック項目の中から特に、これだけは絶対に準備しておきたいと思う項目を7つ上げてみました。

1-ハンドルカバーの装着

 これはもう言うまでもありませんが、もし前シーズンに使用していたものを利用する場合は、保管状態によって穴が開いていたり、寄れていたりカビが生えていたりする可能性があります。

 特に穴が開いているような場合は、新品を用意するかしっかり補修しておきましょう。

2-グリップヒーターの装着

 グリップヒーターは個人的には離せない寒さ対策の決定版です。

 スイッチ部分や配線部分に錆びが発生していないか?バイクのバッテリーとの接続部分によれやゆがみ、異常が生じていないか?をシーズン前にしっかりチェックします。

3-バッテリーのチェック

 冬場は夏場と比べると格段にバッテリーがあがりやすくなります。これは自動車などと同じですね。個人的には車からバイクまで全てのバッテリーをバッテリーヤで購入してます。ガソリンスタンドの半値といいましょうか。^^”)自分で交換できる方はここはもう欠かせませんね。(利用者は多いですよね)

4-タイヤの空気圧の確認

 冬を迎える前にバイクのタイヤの空気圧やタイヤの表面のチェックをしている方はいますか?冬はタイヤに割れを起こしやすい時期でもあります。目に見えるような割れにいたることはほとんどありませんが、タイヤを目の前にしてチェックすると、細かい断裂が多く確認できるケースがあります。こんな時はそろそろ取替えの合図です。

5-プラグ・点火系のチェック

 プラグはエンジンの混合気への点火を行なう重要な部品です。プラグは消耗品であり、特に冬場はエンジンの点火もにぶい傾向にあるので、冬前には確実に検査チェックを行い、場合によってはプラグを交換しておきます。

 プラグの消耗を放置していると燃費の悪化にも繋がるので、プラグの点検は豆にチェックしましょう。

6-オイル交換とアイドリング調整

 冬場に凍結するようなオイルは今ではありませんが、バイクのオイルは比較的豆に交換することが大切です。またオイル交換と合わせてアイドリング回転数のチェックも一緒に行なってもらうようにしましょう。自分でアイドリングのチェックまでできる方の場合はアイドルスクリューを調整し冬場のみアイドリング数値を若干高めに設定しても良いでしょう。

7-最低限の防寒具を揃える

 経験上、真冬の寒さ対策としてこれだけは揃えておくべき防寒グッズは、グローブとネックウォーマー、そして1着でいいのでしっかりとしたインナーウェアです。

 ヒートテックやヒートファクトなどの発熱性素材を使用したインナーウエアが1着あると重宝するかもしれません。

 以上、ざっと7項目を掲げてみましたが、これはどれも「冬を迎える前」に準備しておきたい項目です。

 秋になったらもう一度チェックしてみるとよいかもしれません。

◆バイク購入の必要書類・諸経費Q&A(一覧)